観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

皆既月食を瀬戸内海洋上で 名門大洋フェリーが観賞会

18/01/17

名門大洋フェリーは1月31日、大阪南港発・新門司港着の便で「瀬戸内海の皆既月食観賞会」を開く。当日起こる皆既月食を洋上で眺めるという貴重な機会を提供する。

同社では昨年から星空観賞会を定期開催しているが、今回はその特別バージョンとして設定。

21時30分から船内のミーティングルームで約20分、皆既月食に関する解説を受けた後、8階展望デッキで約20分皆既月食を観賞する。荒天など気象状況によってはミーティングルームでの天体教室のみとなる。

天体教室の参加は先着20人。20時30分からインフォメーションで整理券を配布する。皆既月食の観賞は整理券がなくても途中参加可能。小学生以下は保護者同伴が必要。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ