観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   トピックス

「瑞風」第4期倍率は12倍に 第5期販売も12月11日にスタート

JR西日本は12月4日、豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の第4期(2018年3―6月出発分)の受付状況を発表した。応募件数は2882件、平均倍率は12倍。第3期より応募件数は落ち着いたものの、まだまだ高倍率の“高嶺の花”となっている。

また、第5期(18年7―9月出発分)のウェブサイト、電話での先行販売も12月11日10時からスタートする。専用申込書の郵送による受付は1月4日から。いずれも2月28日まで受け付ける。旅行商品は専用窓口「瑞風ツアーデスク」や主要旅行会社で販売する。

第5期は山陰コースが「文豪と維新の歴史をたどる旅」「神話と自然美に触れる旅」、山陽コースが「せとうちの歴史に触れる旅」「せとうちの美を愛でる旅」、山陽・山陰コースが「西日本の原風景を堪能する旅」を予定している。

旅行代金はコース・日程・客室タイプなどに応じて27万―125万円の範囲で設定。客室タイプはロイヤルツイン、ロイヤルシングル、ザ・スイートがある。募集人数各出発日とも最大34人。

申し込みは、ホームページまたは郵送で。詳しくは公式ホームページ(http://www.twilightexpress-mizukaze.jp/)へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ