観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介

雲海、海、星空―。「じゃらん」一度は行きたい夏絶景ベスト3

令和最初の夏休みを目前に控え、リクルートライフスタイルが7月10日に「『じゃらん』一度は行きたい夏絶景ランキング2019」を発表した。1位は、北海道占冠村の星野リゾート・トマム雲海テラス。2位は鹿児島県・与論島の百合ヶ浜に選ばれた。

1位の星野リゾート・トマム雲海テラスは、刻々と姿形を変え、二度と同じ雲海が見られない特別感が人気。雲海に出会える確率は約40%という希少性も。5―10月の早朝がオススメ。展望スポット「クラウドウォーク」は、空中散歩をしているような感覚が楽しい。

雲海テラス

1位に選ばれた星野リゾートトマムの雲海テラスの絶景

2位の与論島百合ヶ浜は、大金久海岸から1.5キロメートルの沖合に浮かぶ島で、白い砂浜とエメラルドグリーンの海の色が美しく、大潮の干潮時の数時間、運が良ければ見られる奇跡の絶景と言われている。

百合ヶ浜

大潮の干潮時の数時間出会える絶景

3位は、長野県阿智村の「ヘブンスそのはら天空の楽園日本一の星空ナイトツアー2019」。環境省の全国星空継続観察で「星がもっとも輝いて見える場所」の1位に2006年に認定された。標高1400メートルの高原から見る星空は、手が届きそうなほど近くで星が光り輝く。ガイドが星座を紹介するエリア、リクライニングチェアやソファーで星を眺めるエリアなど、3つのエリアから選ぶことができる。開催は7月6日(土)から10月21日(月)。

ヘブンスそのはら

3位は、手が届きそうなほど近くで星が光り輝く絶景

4位は、岐阜県山県市の「円原の伏流水」。夏の朝は、川霧に包まれ幻想的。夏でも水温が13度と低く、辺りもひんやりしている清涼スポット。5位は、京都府宮津市の「天橋立・砂浜ライトアップ」が選ばれた。日本三景の夏の風物詩として幻想的な世界が広がる。ライトアップは7月13日(土)-9月1日(日)で、8月31日(土)と9月1日は砂浜BARも登場する。

以下、6位=山形県長井市の「三淵渓谷」、7位=高知県いの町の「にこ淵」、8位=千葉県館山市の「北条海岸ダイヤモンド富士」、9位=鹿児島県鹿屋市の「荒平天神」、10位=静岡県・修善寺温泉の「竹林の小径」。

ランキングは、全国の10-50代の男女1024人がインターネットを通じ画像選択方式で行ったアンケートの結果。同社では「この時期、この時間にしか見られないプレミアム感が、“一度は行ってみたい”という憧れ絶景として人気を押し上げたようです。夏ならではの爽やかな青の景色が広がるスポット、朝時間・夜時間限定の絶景スポットなど、猛暑の夏だからこそ訪れてみたい、清涼感あふれる絶景スポットが多数ランクインする結果となりました」としている。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ