観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

鳥取市の夏は「しゃんしゃん祭」で熱く華やかに 8月13―15日に開催/鳥取

18/08/10

鳥取市の夏の風物詩「鳥取しゃんしゃん祭」が今年も8月13―15日に開かれる。4千人もの踊り子が色鮮やかな傘を持って踊るさまは圧巻。山陰デスティネーションキャンペーン開催中で盛り上がる鳥取の夏を一層熱くさせる。

同祭は今年で54回目。毎年この時期に開かれており、例年市内外から多くの見物客が訪れる鳥取市最大のイベントだ。鳥取県東部伝統の「因幡の傘踊り」をアレンジした「傘踊り」と、しゃもじのような板に鈴をつけた楽器を持って踊る「すずっこ踊り」からなる。「市街地の温泉で湯がしゃんしゃん沸く」「鈴の音がしゃんしゃん鳴る」という意味から名がついた。メーンイベントの一斉傘踊りは毎年4千人以上が踊り、4年前の第50回大会では「最大の傘踊り」として世界記録も達成した。

13日夜は市中心部・若桜街道で前夜祭。傘踊りとすずっこ踊りのオープニング演舞で開幕する。14日は若桜街道、智頭街道、バードハットなどでメーンの「一斉傘踊り」。過去最高となる120連、 4千人以上の踊り子が登場し、華やかで壮大な踊りの世界を創出する。

鳥取しゃんしゃん祭

「一斉傘踊り」は圧巻

最終日の15日は千代河原市民スポーツ広場で「市民納涼花火大会」を開催。6500発の花火を打ち上げ、しゃんしゃん傘踊りのステージとあわせてフィナーレを飾る。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
四県四色四国を彩る香川編

第1弾は香川県。夜景、瀬戸芸など女子の心をくすぐる要素たっぷりで、秋冬の彩りを演出する...

こだわりのおもてなし三重伊勢鳥羽志摩

日本古来の信仰の聖地、伊勢神宮を擁する三重県伊勢・鳥羽・志摩エリア。神々宿るこの地は聖地と...

麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ