観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   北海道・東北

各地の酒造自慢の一杯を利き酒 仙台で10月3―4日に「日本酒と西公園」開催/宮城

宮城県仙台市の西公園で10月3―4日、全国の約30の酒造が集うイベント「日本酒と西公園」が開かれる。毎年6月開催だが、今年は新型コロナウイルスの影響でこの時期に延期。約50種の日本酒を利き酒で味わえる、左党にはたまらないイベントだ。

イベントは、同市青葉区大町周辺の飲食店をはじめとする様々な業種の事業者でつくる商店会御譜代町商人組合のメンバーが中心の実行委員会が開催。日本の文化としての日本酒を西公園で楽しみ、日本酒と仙台の魅力を再発見する場にしようと例年開いている。

会場では、利き酒のほか、稀少酒などの日本酒の販売、市内飲食店が酒の肴を提供する飲食ブースもある。

日本酒と西公園

昨年の会場の様子

時間は3日が10―20時、4日が10―17時。入場無料。10枚つづりの利き酒チケットは、前売2千円、当日2500円。チケット1枚で1杯30ミリリットルの日本酒が味わえる。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ