観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

湯浅町で10月27日に「お魚まつり」/和歌山県

19/10/19

和歌山県湯浅町で10月27日、「紀州湯浅のギョギョっとお魚まつり」が開かれる。焼鯖やしらす丼など湯浅自慢のグルメが安価に味わえるほか、漁船クルージングや和太鼓演奏といった盛りだくさんなイベントも行われる。

まつりは、好漁場の紀淡海峡に近い湯浅の美味しい水産物をPRしようと毎年開催しているもので、今年で17回目。10時30分のオープニング式典後、焼鯖・刺身・しらす丼・鯖炊き込みご飯などを販売するグルメコーナーや特産品販売コーナー、フリーマーケットが一斉にオープン。海の近くでは特設のベイサイドカフェも設けられる。

家族連れに人気なのが、エビすくい。アシアカエビという車海老科の天然ものを小学生以下限定ですくえる。一匹800円から1000円するエビで、大きいものは3匹、小さいものは5匹まで1回1000円。

また、本物の漁船に乗って湯浅湾をめぐる漁船クルージングは11時から14時に4回運航する。事前申込制で、参加費は大人1000円、子ども500円。

湯浅町のみなさん

中井さんとサバ君、アジ君

湯浅町地方創生ブランド戦略推進課の中井沙知さんは「グルメコーナーに置いている醤油は、日本遺産に選ばれた湯浅の醤油です。醤油蔵をはじめ古い町並みが続く伝統的建造物群保存地区は、まつり会場から10分もかかりません。ぜひ、まつりと湯浅のまちを楽しんでください」。湯浅町へは、大阪市内から自家用車で約1時間30分、JRでは2時間弱で行ける。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ