観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

バンドやダンスで躍動!“お坊さんのフェス” 知恩院で11月1日から秋のライトアップ/京都

19/10/26

京都市東山区の知恩院では11月1日―12月1日、「秋のライトアップ」が開かれる。よくあるライトアップイベントと思うなかれ。お坊さん約80人が参加して、バンドやダンスなども披露される、ポップな“お坊さんのフェス”なのだ。

もちろんライトアップイベントとしても重厚なもの。2020年春落慶の国宝「御影堂」、国宝「三門」、庭園「友禅苑」など境内各所を幻想的に照らし出す。三門では、柱に「南無阿弥陀仏」の文字をプロジェクションロゴライトで投影、階段には和傘を置いてライトアップ。同院所蔵の国宝「阿弥陀二十五菩薩来迎図」を基に作成された「方丈庭園」の9年ぶりの夜間特別公開も。

知恩院

ライトアップはもちろん見事

そして「お坊さんのフェス」。イベント自体の合言葉は“お坊さんに会いに行こう!”に定め、様々な企画を展開する。

「おてつぎフェス2019-HAND TO HAND-」は11月1―4日、16、17、30日、12月1日。過去最多となる40人のお坊さんが参加し、「坊主・オン・ステージ」では、同院のお坊さんによるバンド「ぽくぽくすまいる」、「廻天坊主」によるブレイクダンス、総本山式衆会による「みんなでつくろう!声明Live~歌って感じる極楽浄土~」、和太鼓や雅楽演奏のステージのほか、宝佛殿ではギターや三味線・二胡、紙芝居などを使った「変わりダネ法話」もあるなど、従来のお寺のイメージを覆すパフォーマンスは必見だ。

「聞いてみよう!お坊さんのはなし」は11月5―29日。お坊さんたちが気さくにトーク、木魚に触れ「南無阿弥陀仏」とお称えするというプチお寺体験が楽しめる。

SNSも駆使。期間中に撮影した写真に「#知恩院ナムい」タグをつけてインスタグラムに投稿する「ナムい!フォトコンテスト」を開く。

イベントの開催時間は17時30分―21時30分。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ