観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

京都市で11月から「秋の特別公開」 金戒光明寺と浄住寺、ウェブ事前予約制などでウィズコロナ対応

20/09/30

京都市と京都市観光協会は11月3日から、恒例の「秋の特別公開」を実施する。通常非公開の文化財や紅葉の庭園を一般公開するもので、今年は左京区の金戒光明寺と西京区の浄住寺が対象。ウィズコロナという環境下からウェブ事前予約による受入人数制限を導入、観光客の分散化も図るなどコロナ対策を徹底して臨む。

今年は、ウェブ事前予約制で三密を回避、「京都観光版ガイドライン」に基づいた対策、「マイくつ袋」の持参を呼びかけるなど、コロナ対策を施してニューノーマル時代の京都観光を楽しんでもらう。

公開期間は、金戒光明寺が11月13日―12月6日、浄住寺が11月21日―12月6日。15分間隔、各時間帯最大35人までに制限を設けて実施する。

事前予約は個人・団体ともネットで。当日受付は空きがあれば可能。金戒光明寺はhttps://ja.kyoto.travel/event/single.php?event_id=3981、浄住寺はhttps://ja.kyoto.travel/event/single.php?event_id=3982にアクセスし、拝観希望日、時間、人数、参加形態を選択、団体はツアー名・団体名、社名・グループ名、担当者名、連絡先電話番号、メールアドレスなどを入力して申し込む。

金戒光明寺は御影堂・大方丈・庭園・山門を公開。幕末の会津藩や新選組ゆかりの地であり、回遊式庭園、寺宝の特別展示、江戸時代末期建立の山門の楼上内部は必見だ。

金戒光明寺

金戒光明寺の庭園

浄住寺は810年開創の古刹。江戸時代建立の本堂のほか諸堂、伊達家ゆかりの方丈、江戸時代の池庭なども見どころ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ