観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

カブトムシに触って子どもたちも大興奮 比叡山ドライブウェイに7月22日、「かぶと虫の家」オープン/滋賀

21/06/29

比叡山ドライブウェイ(滋賀県大津市)の自然体験ゾーン「夢見が丘」に7月22日、夏恒例の「かぶと虫の家」がオープンする。カブトムシを触って眺めて楽しめる人気の企画が今夏も子どもたちを喜ばせる。8月15日まで。

「かぶと虫の家」は、450平方メートルの雑木林のネットで覆ったスペースに、国産カブトムシを約200匹放し飼い。自由に触れるほか、標本展示や外国産のヘラクレスオオカブトなども展示する。

入園料金は3才以上600円。7月17、18日はプレオープンとして営業する。

かぶと虫の家

カブトムシがいっぱい

「夢見が丘」はこのほかにもサイクルモノレールやスーパースライダー、カフェ、バーベキューコーナーもあり、家族連れで楽しめる。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ