観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

幕末の舞台のひとつ・くろ谷金戒光明寺で秋の特別拝観 11月12日から、書院や庭園を公開/京都

21/10/11

くろ谷 金戒光明寺(京都市左京区)では11月12日から、秋の特別拝観を実施する。幕末に京都守護職の本陣が置かれた新選組ゆかりの寺院で、法然上人が最初に念仏を唱えた「念仏発祥の地」といわれる名刹の秋の特別な時間を提供する。12月5日まで。

特別拝観では通常非公開の書院と回遊式庭園「紫雲の庭」を公開。書院では伊藤若冲による「群鶏図押絵貼屏風(ぐんけいずおしえばりびょうぶ)」や富岡鉄斎による屏風などの寺や、襖を開閉すると虎の数が変わる「虎の間」などが眺められる。書院では秋の紅葉が見どころ。

金戒光明寺

紅葉の紫雲の庭をライトアップ

日中は、御影堂・大方丈・庭園に加え、市内を一望できる「山門」も特別公開。山門の楼上内部に安置された釈迦三尊像と十六羅漢像、天井一面に描かれた「蟠龍図」も必見だ。

夜間は毎日3回、琴や篠笛などの邦楽の生演奏を実施。「紫雲の庭」の水面に映るライトアップされた紅葉も秋の夜の情緒を伝える。

拝観時間は日中が10時―16時30分、夜間が17時30分―20時30分。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから愛媛編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第2回は愛媛県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ