観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

桜島をバックに甲冑体験 島津家別邸仙巌園で12月にイベント/鹿児島

17/11/28

来年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」の主人公、西郷隆盛を見出した幕末の薩摩藩主・島津斉彬。日本の近代化に大きく貢献した「集成館」事業に取り組み、旧集成館は世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産のひとつとして登録されている。

集成館事業を物語るスポットである島津家別邸跡の仙巌園は、1857年に建設された「日本の近代工場発祥地」とされる反射炉跡が残り、錦江湾や桜島を採り入れた庭園の景観が今も人気の的。12月8―10日と同15―17日には、甲冑を身に着けて写真撮影ができるイベントが開かれ、大河ドラマ前に歴史情緒を体感できる。

仙巌園

雄大な桜島をバックに武将になりきり

「敵中突破」で知られる戦国後期の名将・島津義弘、斉彬の先祖にあたる伊達政宗、子ども用に真田幸村の鎧を用意。雄大な桜島を背景に、武将気分を味わってもらう。

体験料金は島津義弘の鎧が8千円、伊達政宗の鎧が6千円、真田幸村の鎧が4千円。同園入場料と撮影料込み。所要時間は約45分。写真と写真データは後日郵送される。

申し込みはhttp://www.senganen.jp/yoroi/から。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ