観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

古代空間を光と炎で幻想的に 吉野ヶ里歴史公園の冬恒例「光の響」、12月4日から/佐賀

21/11/10

国営吉野ヶ里歴史公園(佐賀県神埼市)では12月4―19日の土日曜、ライトアップイベント「吉野ヶ里 光の響(ひかりのひびき)」が開かれる。冬の定番企画は今年で10回目の節目。今年も光と炎による演出で古代の歴史空間を幻想の世界に包み込む。

メイン会場「南内郭」には、「光の地上絵」が登場。キャンドルの紙灯籠で、同園の開園20周年記念の図柄を描く。熱気球「ひみか号」による夜間係留「ナイトグロー」やケータリングカーによるグルメコーナー、体験プログラム「勾玉づくり」の夜間開催といった例年人気の企画が今年もラインナップする。

吉野ヶ里歴史公園光の響

「南内郭」をキャンドルで彩る

時間は17―21時。

また今年は、国立天文台と東海大学が同遺跡最大の建物「主祭殿」をなど北内郭の建物群と弥生時代の月の動きを検証した映像「再現!卑弥呼が観た星空―高く上る満月の謎に迫る」を屋外スクリーンで上映する。時間は19―20時。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから香川編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第3回は香川県の旅...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ