観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   トピックス

日本旅行、いすみ鉄道と連携し観光列車運行 11―12月は「おとなのピクニック」

日本旅行は、いすみ鉄道(千葉県、大原―上総中野)と連携して観光列車を運行する。季節ごとに旬を感じられる列車を登場させる。第1弾となる秋冬は11月9日―12月21日の毎週土曜に、ツアー「おとなのピクニック」として催行する。

今回のツアーは日本旅行の国内旅行パッケージ「赤い風船」商品として設定。沿線の食と車窓風景を楽しみながら、緩やかな癒しの旅の世界に浸ってもらう。主要ターゲット「働く30―40代女性」。日帰りで気軽に首都圏近郊へ出かけてもらおうと企画した。

いすみ鉄道

昔懐かしい列車で行く

当日はデンタルサポート大多喜駅を11時50分に出発し、急行2号・貸切車両で大原駅へ向かう。昼食は千葉県が進める「千(地)産千(地)消」をテーマにした地元産食材をとりいれたもの。昼食後、折り返して急行1号・貸切車両でデンタルサポート大多喜駅から上総中野駅へ。ティータイムを楽しんでデンタルサポート大多喜駅へ戻り旅を終える。

料金は1人1万3千円。定員は20人。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ