観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   トピックス

相鉄・東急直通線開業前に沿線の魅力に触れよう 相模鉄道、9月4日まで「夏のそうにゃんスタンプラリー」開催/神奈川

相模鉄道(神奈川県横浜市西区)は9月4日まで、「夏のそうにゃんスタンプラリー2022」を実施している。相鉄・東急直通線の開業を23年3月に控え、沿線内外に相鉄線沿線の魅力を感じてもらう。

スタンプラリーは相鉄のキャラクター「そうにゃん」をテーマに毎年夏に開いており、昨年はコロナ禍で中止のため2年ぶりの開催。横浜駅、天王町駅、羽沢横浜国大駅、かしわ台駅、いずみ野駅、ゆめが丘駅の6駅と沿線4カ所に商業施設スタンプを設置。このうち駅のスタンプには夏のスタンプラリーでは初の「重ね押しスタンプ」を設け、相鉄線各駅などで配布する専用のスタンプ帳に6駅すべてのスタンプを重ねて押すことで「そうにゃん」のオリジナルデザインが完成する。

相模鉄道スタンプラリー

そうにゃんの重ね押しスタンプ(イメージ)

10カ所すべてのスタンプを集め、指定店舗で300円以上を交通系電子マネーで買い物すると先着3千人に「そうにゃんオリジナル組み立て式スノードーム」をプレゼントする。

スタンプラリーには「相鉄・鉄道全線1日乗車券」(大人740円、小児260円)の利用が便利。指定11店でスタンプ帳を提示すると特典が受けられるサービスも。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ