観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

名古屋に全国の伝統芸能が集結 11月3、4日に「日本の祭り」/愛知

愛知県名古屋市で11月3、4日、地域伝統芸能全国大会「日本の祭りinあいち・なごや2018」が開かれる。26回目を迎える今回が愛知県では初開催。各地の伝統芸能が一堂に会し、各地の“誇り”を伝える。

大会の正式名称は「地域伝統芸能による豊かなまちづくり大会あいち・なごや」。「武将のふるさと愛知・名古屋から未来へ紡ぐ祭人の心」をテーマに、伝統芸能の公演を通して地域への誇り、愛着を深め、その国内外に発信する。

大会は、メイン会場の日本特殊陶業市民会館フォレストホール「金山会場」と、サブ会場の愛知県体育館・ドルフィンズアリーナ「名城会場」で開催。両会場とも両日、10前後の演目が披露される。

集結する伝統芸能は地元愛知を中心に全国から。地元名古屋からは「若宮祭りのお囃子」「尾張新次郎太鼓」などが参加し、犬山市の「犬山まつりのからくり」、徳島市の「阿波おどり」、高知市の「よさこい祭り」、熊本県天草市の「牛深ハイヤ」といった全国的に知られた存在から、地域固有の知る人ぞ知る存在まで幅広く伝統芸能がそろう。

時間はメイン会場が3日は13―17時、4日は12―16時。サブ会場が両日11―16時。

サブ会場では、エンターテインメント集団「祭nine.」が登場。大会スペシャルサポーターとして公演団体へのインタビューやミニライブを行う。ミニライブは3日が12時40分ごろから、4日が11時30分ごろから。

観覧料は無料だが、メイン会場は事前申し込みが必要。定員は3日が1200人、4日が1300人。10月23日までに大会公式ウェブページ(https://matsuri-aichinagoya.jp/)からか、郵送、FAXなどで申し込む。応募多数の場合は抽選となり、当選者には「入場整理券」を送付する。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ