観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

伊東温泉の夏夜を彩る 7月20日―8月24日に17の花火大会/静岡

静岡県伊東市は7月20日―8月24日、17回にわたり様々な花火大会を開催する。場所も趣向もバラエティに富んだイベントで、夏夜を鮮やかに彩る。

期間中、パート1から10まで10回にわたり開かれるのが、伊東温泉「夢花火」。多彩な花火1千―1500発を打ち上げる。伊東海岸で20時30分から20分間。開催日は7月20、28、30、31日、8月2、3、6、7、17、24日。

8月1日は「宇佐美夏まつり海上花火大会」。宇佐美海岸で20時から約1500発を打ち上げ。宇佐美駅前通りが歩行者天国となり、露天と花火を楽しむ、地元恒例の夏のイベントだ。

8月8日は「灯籠の流れ」打上花火。まちを流れる松川で行われる「海上灯籠流し」にラストを約800発の花火で彩る。20時50分から。

続く9日は「太鼓の響き」打上花火。規模と時間は「灯籠の流れ」と同じだが、なぎさ公園では太鼓合戦が行われるなど迫力十分。

10日は伊東の夏最大のイベント「按針祭 海の花火大会」。20時からの1時間、伊東海岸に1万発の花火が海上から打ち上げられる。デジタルスターマインや空中ナイアガラなど見どころたっぷり。

按針祭

1万発を海上から打ち上げる「按針祭」

お盆の14日は八幡野海岸で「やんもの里花火大会」。20時から3千発を打ち上げる。15日はいるか浜公園での「川奈港いるか浜花火大会」で、20時から2千発が間近から打ち上げられる。

22日は伊東温泉「箸まつり花火大会」。旅館などで使われた箸を供養する祭事で、神輿が練り歩くなど夏の活気を伝える。花火は海上からの約1500発の打ち上げのほか、手筒花火も登場する。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ