観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

カニ漁解禁! 越前町、「かにまつり」中止も「越前がに朝市」でシーズン堪能/福井

北陸―山陰沖で11月6日、冬の食の王者・松葉ガニ漁が解禁された。待ちに待った季節が訪れ、ブランドガニ・越前ガニを擁する福井県越前エリアにも活況が訪れる。

カニシーズンを盛り上げようと例年行われ、5万人以上が訪れる越前町の「越前かにまつり」は、今年は新型コロナウイルスの影響で中止に。ただ、落胆することなかれ。今年は「越前がに朝市」を代替開催。泊まってカニを堪能し、お土産でまたカニを持ち帰る。冬の越前紀行の楽しみは、今年も健在だ。

朝市は、11月14、15、21、22、23、28、29日。道の駅「越前」にぎわい広場を会場に、9―14時に開かれる。越前がにやセイコガニの即売、干物や鮮魚など越前の冬の海の幸がずらりと並び、目移りすること間違いなしだ。海鮮の食のテイクアウトもあり、心もお腹も満腹になるだろう。

越前ガニ

越前ガニがずらり

詳しくはhttps://www.town-echizen.jp/event/detail.php?id=398へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ