観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

富士山の湧水の「足水」で涼もう 三島市観光協会、8月29日まで「夏のさんぽ旅キャンペーン」/静岡

三島市観光協会(静岡県)は7月31日から、歩いて市内観光を楽しんでもらう「水の都三島、夏のさんぽ旅キャンペーン」を実施している。“さんぽ旅”を提案する「#てくてくみしま」の第1弾。富士山の湧水の「足水ポイント」をめぐる涼やかな三島観光を楽しんでもらう。8月29日まで。

三島市内には富士山の湧水から成る小川が流れ、日々の暮らしの一部に。その白滝公園や源兵衛川といった小川や公園で足を浸けて涼める「足水ポイント」を掲載した「#てくてくみしまマップ」と濡れた足を拭くための「手ぬぐい・タオル」を無料でプレゼント。三島ならではの涼やかな夏を提案する。

手ぬぐい・タオルは、三島の特徴を描いた手ぬぐい3色、富士山三島東急ホテル提供の富士山柄のハンドタオル2種類から、いずれか1枚をマップとあわせて提供施設で提供する。

これにあわせ、ツイッターでのハッシュタグキャンペーンも実施。三島市観光協会のアカウントをフォローし、「#てくてくみしま」を付けて投稿すると抽選で20人に「三島つまみ食いチケット」が当たる。

詳しくはhttps://www.mishima-kankou.com/feature/3473/へ。

水の都三島、夏のさんぽ旅キャンペーン

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ