観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   旅本のススメ   >   観光本

「ビワイチ」五感で感じる旅に びわ湖一周自転車BOOK

昨今「市民権」を得たサイクルツーリズム。日本最大の湖、滋賀県琵琶湖畔は「ビワイチ」として人気のサイクリングスポットだ。そんな旅の手助けとなる一冊が「びわ湖一周自転車BOOK」。テーマに応じたコースを設定、その途中に楽しめる旅の情報も紹介している。これ一冊を携帯すれば、ビワイチが五感で感じる旅にしてくれるはずだ。

編著は「輪の国びわ湖推進協議会」。琵琶湖周辺の環境保護や自転車関連団体、県、観光事業者らが琵琶湖のサイクルツーリズムを普及させようと組織したもので、本書もその活動の一環として企画した。

紹介しているコースは全21コース。初心者も楽しめるファミリーコースから上級者向けハイスピードコースまで幅広く設定している。大津港から近江八幡、彦根、長浜、マキノ、堅田、そして大津港へ戻る琵琶湖一周「ビワイチ」コースは8区間に分けて紹介。加えて、かつての東海道宿場町を街道コースや、自然、歴史、文化を訪ねるテーマごとの旅も掲載している。各コースでは寺社や観光スポット、食事処なども紹介しており、旅を楽しむ要素をふんだんに盛り込んだ。地形高低差も図で示しているのも便利。もちろん地図も掲載している。

またサイクリングに必須の基礎知識を冒頭で紹介しているのもうれしい。自転車の種類から必要な持ち物や服装、保険、マナーまで網羅しており、初心でも安心して旅へ出かけられる。

西日本出版社、1200円(税別)。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ