観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   旅本のススメ   >   観光本

「人に会いに行く」ガイドブック ひろしま元気本

コロナ禍で交流がままならない今だからこそ「人に会いに行く」。そんなコンセプトで、広島県観光連盟(HIT)が観光ガイドブックを作成した。タイトルは「ひろしま元気本」。23人のユニークな県民にフォーカスし、広島から元気を届けようという類例のない観光ガイド本。

本書に登場する23人は、HITがSNSで公募し157人の中から選ばれた個性あふれる精鋭ぞろい。広島市の繁華街の同じ場所で13年間路上パフォーマンスを繰り広げている元公務員、予科練でつらい体験を経て戦後は教師として住職としてまちと人を見守ってきた94歳の翁、大怪我をして救急車で運ばれている途中に自ら搬送されたい病院に交渉する「自由」な起業家…確かに直接会って話をしてみたくなる魅力的な人ばかりだ。

本を企画したHITのプロデューサー山邊昌太郎さんは巻頭にこう書いている。「観光スポットとして頭に思い浮かべたのは、原爆ドームと宮島(略)…ところが次が出てこない」。76年前の原爆投下という悲惨な出来事から力強く這い上がってきた広島人のルーツは、とてつもないエネルギーの塊で「会うと元気になる人」がごまんといる。そこで「広島最強の観光コンテンツ、『元気人』」をとりあげたのだ、と。

ミチコーポレーションから定価1650円で、大手書店などで販売している。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ