観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

ロボットと未来の夢 瀬戸市で3月21―27日に博覧会/愛知

愛知県瀬戸市は3月21―27日、日本のロボット文化や技術を紹介する「瀬戸蔵ロボット博」を開く。会場に並ぶロボットたちを通して、子どもたちにその魅力を伝える。

同博は2005年に同県で開かれた「愛・地球博」の継承事業として企画。当時、会場を賑わせたロボットの世界を再度展開し、最先端の技術を通して愛知が誇るものづくり文化に触れる機会を提供する。

「ロボットと未来の夢」をテーマに、会場となる観光拠点施設「瀬戸蔵」や末広町商店街など市街地に会場を設定。1千体超のロボットを雛壇に展示したり、企業の最新ロボットの紹介などロボットが並ぶほか、大型ロボット「イケドム」への搭乗体験、ロボット工作教室、ロボットバトル大会、ロボットショーなど体験イベントが充実する。

時間は10―16時。入場無料。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天下の山城から始まる島根安来紀行

今、山城がブームとなっている。小高い山の頂に苔むした石垣が堅牢に組まれた様は、いにしえの武将の...

水と緑と歴史文化輝き増す滋賀おごと温泉

琵琶湖畔にたたずむ、滋賀県おごと温泉。古くから関西の奥座敷として知られてきたが、近年は温泉地と...

富山県立山黒部の季節到来

立山黒部アルペンルートが4月15日に全線開通して、富山県・立山黒部に春がやってくる。北アルプスを...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ