観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

桜島をバックに甲冑体験 島津家別邸仙巌園で12月にイベント/鹿児島

17/11/28

来年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」の主人公、西郷隆盛を見出した幕末の薩摩藩主・島津斉彬。日本の近代化に大きく貢献した「集成館」事業に取り組み、旧集成館は世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産のひとつとして登録されている。

集成館事業を物語るスポットである島津家別邸跡の仙巌園は、1857年に建設された「日本の近代工場発祥地」とされる反射炉跡が残り、錦江湾や桜島を採り入れた庭園の景観が今も人気の的。12月8―10日と同15―17日には、甲冑を身に着けて写真撮影ができるイベントが開かれ、大河ドラマ前に歴史情緒を体感できる。

仙巌園

雄大な桜島をバックに武将になりきり

「敵中突破」で知られる戦国後期の名将・島津義弘、斉彬の先祖にあたる伊達政宗、子ども用に真田幸村の鎧を用意。雄大な桜島を背景に、武将気分を味わってもらう。

体験料金は島津義弘の鎧が8千円、伊達政宗の鎧が6千円、真田幸村の鎧が4千円。同園入場料と撮影料込み。所要時間は約45分。写真と写真データは後日郵送される。

申し込みはhttp://www.senganen.jp/yoroi/から。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ