観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

愛知・岐阜のものづくりと戦国観光を楽しもう 19年2月までスタンプラリー

愛知県と岐阜県、両県の観光連盟・協会などでつくる愛知・岐阜広域観光推進協議会は7月14日、両県が観光の旗頭に据える「戦国」「ものづくり」関連施設をめぐる「あいちとぎふ 見にトリップ×戦トリップ(産業・武将観光)スタンプラリー」を始めた。来年2月末まで。

両県には戦国三英傑をはじめ戦国武将ゆかりの史跡・施設、伝統工芸から自動車、航空宇宙産業など産業観光施設が集積。これら愛知・岐阜の歴史と文化を体感してもらおうと、今回のスタンプラリーを企画した。

スタンプラリーは、「見にトリップ×戦トリップ」パンフレットに掲載された、愛知県、岐阜県70件ずつ、合計140施設のうち、スタンプラリー対象施設である愛知県62件、岐阜県57件、合計119件のなかから2カ所以上巡ってスタンプを集めて応募すると、両県の特産品が抽選で当たる。

条件は各県それぞれ1つ以上のスタンプが必要。スタンプ8個のゴールドコースは1万円相当、スタンプ4個のシルバーコースは3千円相当、スタンプ2個のブロンズコースは1千円相当の特産品が当たる。応募締切は第1期が10月8日、第2期が来年3月7日。

また、今回は現地ガイドによる無料の限定ガイドツアーも実施する。スタンプラリーはパンフレットを参加施設で入手するか、スタンプ台紙を公式サイトからダウンロードして参加する。

スタンプラリーの詳細、ガイドツアーの申し込みは公式サイト(http://www.miniiku-trip.jp)へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ