観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   鉄チャンあらしん

“美しい”冬の北陸をたん能 JR3社がCP(2) 「花嫁のれん」と富山寒ブリ

金沢から七尾までは、七尾線の観光列車「花嫁のれん」で移動。車内では「ル ミュゼドゥ アッシュ」オリジナルセレクトのスイーツセット(2千円、乗車4日前までに要予約)を食べました。車内サービスは和倉温泉の加賀屋が監修しています。アテンダントの倉知由紀さんは「車内販売で、私のおすすめは能登しおシナモンアーモンドクッキー。女性のお客様にとても人気です」。

花嫁のれん

七尾線は「花嫁のれん」で

富山県では、氷見市の「ひみ番屋街」で氷見牛や富山湾の魚介類の定食をいただきました。氷見まちづくりの事業部長の尾町和広さんによると、今冬からは以前より1キロ増えて7キロ以上のブリが「ひみ寒ぶり」と認定されることになったそうです。この日の解体ショーは8.5キロの大物でした。氷見市観光交流・女性応援課の岡田基義さんは「七尾駅と氷見間には路線バスもあります。ぜひお越しください」。

その後は、南砺市で彫刻の町「井波」のまち歩き、高岡市でスズや真鍮などで伝統工芸品の製作を手掛ける「能作」の工場見学をしました。

JR西日本は、宿がセットになった限定プランやお得なきっぷを用意しています。北陸の美味をたん能する鉄旅へ今冬いかがでしょうか。

(前の記事)“美しい”冬の北陸をたん能 JR3社がCP(1) 福井・石川でカニをガブリ

(あらしん=鉄チャンジャーナリスト)

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天下の山城から始まる島根安来紀行

今、山城がブームとなっている。小高い山の頂に苔むした石垣が堅牢に組まれた様は、いにしえの武将の...

水と緑と歴史文化輝き増す滋賀おごと温泉

琵琶湖畔にたたずむ、滋賀県おごと温泉。古くから関西の奥座敷として知られてきたが、近年は温泉地と...

富山県立山黒部の季節到来

立山黒部アルペンルートが4月15日に全線開通して、富山県・立山黒部に春がやってくる。北アルプスを...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ