観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   トピックス

ファン垂涎!「駅カード」配布第2弾 JR東日本秋田支社が来年3月末まで

JR東日本秋田支社は10月17日から、秋田・津軽エリアの対象駅で「駅カード」配布第2弾を始めた。来年3月末まで。

10月14日の鉄道の日にあわせたもので、今回はJR各駅のほか、観光面で連携協定を結ぶ津軽鉄道、弘南鉄道、由利高原鉄道、秋田内陸縦貫鉄道の駅も加わった。

配布駅とデザインは
JR東日本・湯沢駅 583系×犬っこまつり
JR東日本・川部駅 キハ40・48形×岩木山・りんご
津軽鉄道・津軽中里駅 津軽21形×芦野公園
弘南鉄道・平賀駅 7000系×世界一の扇ねぷた
由利高原鉄道・矢島駅 YR―3000形×鳥海山
秋田内陸縦貫鉄道・阿仁合駅 AN8900形×阿仁合駅

時間は各駅社員が応対する時間帯。配布は1人1枚。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ