観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ

トピックス鉄道ネタ

JR北海道、今年も「ヘルシーウォーキング」開催 北海道新幹線5周年記念や「炭鉄港」コラボ企画も

21/04/04    

JR北海道は4月24日から、今年も駅を起点に沿線を散策する「ヘルシーウォーキング」を開く。土休日の「イベントウォーク」は北海道新幹線5周年記念企画をはじめ8月28日まで17回、平日の「いつでもウォーク」は11月19日まで26コースを設定。多...

伊予灘ものがたり

初代「伊予灘ものがたり」が12月末に引退、22年春から新列車に ラストランまで記念企画

21/04/03    

JR四国は観光列車「伊予灘ものがたり」の初代車両キロ47形を12月末に引退させ、2022年春に新車両で再デビューさせる。初代ラストランまでさまざまな企画で運行開始からの7年間の感謝を発信。10―12月に開催の四国デスティネーションキャンペー...

JR東日本、群馬県内鉄道5社・秩父鉄道と連携で「とれたんず」スタンプラリー 4月1日から

21/03/26    

JR東日本高崎支社は4月1日から、子どもたちに人気の鉄道キャラクター「とれたんず」とタイアップした「とれたんず2021鉄道スタンプラリー」を実施する。群馬県内鉄道5社、埼玉県・秩父鉄道と連携し駅や観光施設にスタンプを設置。集めると賞品のプレ...

SL人吉

SL人吉が熊本―鳥栖を走る JR九州、肥薩線沿線応援企画で5月から

21/03/24    

JR九州は5月1日から、昨年夏の豪雨で被災した肥薩線沿線の応援企画として「SL人吉」を鹿児島本線・熊本駅―鳥栖駅間で運行する。 SL人吉は1日1往復。全車指定の快速列車として運行、玉名駅、大牟田駅、久留米駅に途中停車する。 [c...

大井川鐵道・大井川本線、3月20日に平常運転を再開 昨年夏の大雨被害から復旧作業が完了/静岡

21/03/19    

静岡県・大井川鐵道の大井川本線・金谷駅―千頭駅間39・5キロが3月20日から平常運転を再開する。昨年夏の大雨の影響による復旧作業のため一部区間でバスによる代行運転が続いていた。 本復旧工事、メンテナンス作業が終了、安全性が確認できたた...

りょうもう就役30年記念ツアー記念乗車証

東武200型「りょうもう」就役30年記念ツアー 東武トップツアーズ、3月27日に実施

21/03/14    

東武トップツアーズは3月27日、東武鉄道200型「りょうもう」が今年就役30年を迎えることを記念した日帰りツアーを実施する。貴重な現場入構や記念品など、ツアーだけの限定企画となっている。 ツアは浅草駅を出発し館林駅へ。通常は運行しない...

男鹿線

ありがとうキハ40・48形 JR東日本、4月に男鹿線と五能線で団体臨時列車/秋田

21/03/12    

JR東日本秋田支社は、3月13日のダイヤ改正で引退する車両「キハ40・48 形」に惜別の思いを込めた団体臨時列車を男鹿線と五能線で運転する。現場スタッフが主体となり考案した思いが込められた企画。長年地域の足として活躍した車両へ「ありがとう」...

肥前やきもの圏ラッピングトレイン

地域を元気に!「肥前やきもの圏」ラッピングトレインを運行 JR九州、3月20日から/佐賀

21/03/04    

JR九州は3月20日から、佐賀県と長崎県の8市町による日本遺産認定エリア「肥前やきもの圏」のラッピングトレインを運行する。スタンプラリーも併催し地域の観光資源をアピールし、地域活性化に貢献する。 ラッピングトレインは西唐津駅―佐賀駅、...

若者の四国旅を応援 JR四国、今年も「若者限定四国フリーきっぷ」を発売

21/03/02    

JR四国は、25歳以下の若年層を対象にした企画乗車券「若者限定四国フリーきっぷ」を発売した。昨年に続いて実施する人気企画で、1人9980円で四国線全線などが3日間乗り放題。学生をはじめとする若者の四国旅を応援する。 JR四国線全線と土...

城崎温泉

北近畿の春旅に JR西日本、「城崎温泉・天橋立ぐるりんパス」を発売

21/02/14    

JR西日本は3月1日、京阪神から城崎温泉・天橋立エリアへの旅に便利な「城崎温泉・天橋立ぐるりんパス」を発売する。ネット予約「e5489」限定。発売は3月末まで。 JRの往復特急列車普通車指定席や観光施設への入場、 周遊区間内のJR・京...

地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ