観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   鉄チャンあらしん

乗り鉄、寂寥の春(2) 三江線廃線も-変わりゆく鉄道の世界

JR三江線や梅田貨物線 “できないこと”が増える春

一方、広島県・三次駅―島根県・江津駅間の三江線(全長約108キロメートル)は3月31日で廃線になりました。三江線の全線開通は75年で比較的歴史は浅いのですが、江の川沿いを走る美しい車窓風景や地上約20メートルの天空の「宇都井駅」など、他線にない魅力がいっぱいありました。

僕のラスト乗車は2012年10月、三次駅から江津駅までで、乗客は終始数人でした。区間によっては、運転手さんと僕だけの場面もありました。廃線が決まってから何とか再訪をと思っていましたが叶わず残念です。

3月17日のダイヤ改正では、梅田貨物線(大阪環状線・西九条駅―東海道線・新大阪駅)を走る定期快速3本が廃止になり、特急「はるか」「くろしお」のみが走る路線となりました。もう普通乗車券だけでは乗ることができなくなりました。

山陰本線では、土日祝運転の列車が時刻を繰り下げたことで、始発の京都駅から終点の幡生駅まで1日で快速と普通列車だけで乗り継いで行くことができなくなりました。

春は、乗り鉄にとってせつない季節です―。

(前の記事)乗り鉄、寂寥の春(1) さよなら高崎「みかん電車」

(あらしん=鉄チャンジャーナリスト)

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽でRestartの旅

三重県鳥羽市が提案する新しい旅のスタイルが「節目旅行」。記念日の際の「祝い旅」に加え、新たな節...

五感で感じろ“世界水準”山の信州

信州アフターDCが7月1日から9月30日まで、長野県内全域で開催される。総合テーマは昨年のDCと...

水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ