観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   トピックス

神戸電鉄、「おもてなしきっぷ」を発売 1日乗り放題と飲食店での特典をセット

神戸電鉄は7月21日、全線1日乗り放題と沿線の飲食店などで使える特典がついた「神鉄おもてなしきっぷ」を発売する。

輸送人員の減少が続く粟生線(神戸市・鈴蘭台―兵庫県小野市・粟生駅)の利用促進を図るため、同社や県、沿線自治体でつくる「神戸電鉄粟生線活性化協議会」による同線活性化の取り組みの一環で、2016年からスタート。3年目を迎える今夏も、フリー乗車券の設定で夏の観光需要を促し、沿線の魅力を伝えていく。

神戸電鉄全線1日乗り放題の乗車券と、地元の食のメニューなどを扱う飲食店など(神戸市内12店、三木市内9店、小野市内6店、三田市内2店)で使える「おもてなしメニュー引換券」がセットになっている。

発売・有効期間は9月30日まで。料金は大人1200円、子ども800円。神鉄主要駅などで販売する。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ