観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   トピックス

JR四国、アンパンマン列車20周年で記念スタンプラリー 7月18日から

JR四国は7月18日―11月30日、毎年恒例の「アンパンマン列車スタンプラリー」を、今年は10月にアンパンマン列車の運行20周年を迎えることを記念した特別版として開催する。

スタンプは高松駅、多度津駅、新居浜駅、伊予西条駅、松山駅、伊予大洲駅、宇和島駅、琴平駅、阿波池田駅、土佐山田駅、高知駅、三本松駅、徳島駅、穴吹駅、JR西日本 岡山駅の15駅、土讃線あかい・きいろいアンパンマン列車、予讃線8000系アンパンマン列車、予讃線宇和海アンパンマン列車、ゆうゆうアンパンマンカー、瀬戸大橋アンパンマントロッコの車内6カ所、高松駅2階「アンパンマンれっしゃ!にこにこステーション」に設置。ラリーブックはスタンプ設置駅で配布する。

スタンプをアンパンマン列車スタンプ2個含む5個以上9個以下集めると「アンパンマン バケツでくるくる おふろシャワー」、アンパンマン列車スタンプ4個含む10個以上集めると「くみたてDIY はしるぞ!ねじねじアンパンマンごう」がいずれも抽選で毎月100人に当たる。駅係員から駅名印を受けてから応募はがきを駅係員に渡すか、郵送するかで応募する。応募締め切りは12月6日。

また、スタンプラリーに便利な「アンパンマン列車スタンプラリーきっぷ」も11月22日までウェブサイト「JR四国ツアー」限定で販売する。JR四国線全線、土佐くろしお鉄道線全線の特急列車・普通列車の普通車自由席、阿佐海岸鉄道の普通列車の普通車自由席、JR四国バスの路線バスが乗り降り自由。有効期間は3日間。

料金は大人9500円、小児3千円。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ