観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   トピックス

懐かしの夜行列車の世界へ 秩父鉄道、夜行準急「奥秩父アルプス」を特別運行

秩父鉄道(埼玉県)は10月17―18日、急行6000系で懐かしの夜行快速列車を再現した「夜行準急“奥秩父アルプス”」を臨時夜行列車として運行する。ボックスシートに座って熊谷―羽生―三峰口間を走って一晩過ごす夜。今は珍しくなった夜行列車の世界をもう一度―。

列車は熊谷を23時55分ごろに出発し、羽生から熊谷を経て三峰口には2時40分ごろ着。1時間停車し3時40分ごろに出発、上長瀞から熊谷には5時40分ごろに戻ってくる。
募集人員は52人。旅行代金は1ボックス占有が1万5千円、2席占有が1万2千円。特典として特別乗車記念証とオリジナルグッズがつく。

急行6000系

急行6000系

参加申し込みは、秩父観光興業株式会社ツアーセンターの専用窓口へ必要事項を記載して9月18日17時までにメールで申し込む。抽選制。

詳しくは同鉄道HP(https://www.chichibu-railway.co.jp/)へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ