観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   トピックス

JR四国「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」、1年弱で乗車1万人を達成 5月30日の見込み

JR四国が運行する観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」の定期運行の乗客数が、5月30人に1万人を達成する見込みとなった。高知県内の鉄旅の魅力を伝える存在として2020年7月に運行を開始して以来1年弱での達成となる。

当日は、アテンダントがデザインした1万人記念オリジナル缶バッチを用意。乗客と沿線に集った地元住民らにプレゼントする。対象列車は「立志の抄」が高知12時4分発―窪川14時40分着、「開花の抄」が窪川15時13分発―高知17時54分着。

「時代の夜明けのものがたり」は高知―窪川間で運行。大人片道料金は3970円。事前予約制の食事は5千円。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ