観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   トピックス

紅葉のなかを秘境駅号が行く JR東海、11月20―23日に恒例「飯田線秘境駅号」を運行

JR東海は11月20―23日、恒例の急行「飯田線秘境駅号」を運行する。人家も人の気配もない、いわゆる「秘境駅」の宝庫である飯田線で、通常は特急が通過する秘境駅に停車。その不思議で趣のある世界に飛び込む。

この急行は秋恒例。自然に溶け込むような静かな秘境駅探訪は秋の鉄旅もムードに最適なトピックでもある。

各日上下各1本の運転で、下りは全日が豊橋駅―飯田駅。上りは20―22日が飯田駅―豊橋駅、23日は同日開催の「さわやかウォーキングと連動して「秘境駅号」初の市田駅出発で豊橋駅までを走る。

飯田線秘境駅号

紅葉の中を秘境駅号が走る

道中の景勝地「S字鉄橋」などでは徐行運転を行うほか、駅員や乗務員による見送りなどのおもてなしをホーム上で実施する。

料金は乗車券に加え急行券、指定席券が必要。乗車日1カ月前の10時から全国のJR主要駅で発売する。東海ツアーズなどでは旅行商品も設定。ノベルティとして乗車証明書、限定マスクケースが付く。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ