観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   旅本のススメ   >   観光本

偉人が遺した”財産”を訪ねて 堺を歩けば

まち歩きの名所として注目が集まる大阪・堺市。戦国期を中心に歴史の表舞台に立ち、多くの偉人を輩出し愛されたまちだからこその重層的なまち歩きが楽しめる。なかでも旧堺エリアは歴史やものづくり、名店などの魅力が凝縮されている。

そんな旧堺の“偉大な財産“を身近に親しんでもらおうと発刊されたのがガイドブック「堺を歩けば」。

武野紹鴎、三好長慶、織田信長、豊臣秀吉、千利休、フランシスコ・デ・ザビエル、徳川家康ら中世から、与謝野晶子、松下幸之助ら近代や現代に至るまで日本史を彩る人物ゆかりの点在する足跡をまとめている。

ガイドブックは南北3キロ、東西1キロの細長いエリアを4分割して紹介。名所の解説はNPO法人堺観光ボランティア協会理事長の川上浩さんが担当し、随所に「川上浩の目」としてまち歩きの現場を知り尽くした目線で案内している。

また世界に誇る堺の名店や町屋改造のカフェ&ゲストハウスなど「新旧融合」した名所も数々登場する。実は京都に負けないというか勝る歴史を持った店もあったりする。

A5版オールカラー132ページ。本体815円+税(税込880円)。104B発行。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ