観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

佐倉城下町で「江戸時代まつり」 11月11日、往時の風情が蘇る/千葉

17/11/06

千葉県佐倉市では11月11日、毎年恒例の秋の風物詩といえるイベント「佐倉“江戸”時代まつり」が開かれる。今年は佐倉城が築城、城下町が整備されて今年で400年を迎えたことも記念。まちがまるごと江戸時代にタイムスリップしたような1日になる。

まつりは今年で19回目。新町通り周辺を会場に、江戸時代当時の風情を体感できる催しを展開し、佐倉城下の往時の賑わいを再現する。

日光江戸村の特別企画として、捕り物の寸劇や、子どもたちによる「捕り方体験」を実施。三味線や投扇興といった当時の風俗、遊びの体験コーナーも設ける。

佐倉江戸時代まつり

捕り物寸劇に興奮

お姫さま、侍、芸人、町人、町娘などに市民が扮した佐倉城下の「住人行列」や、猿回しや南京玉すだれといった江戸時代の大道芸、物売り口上もあり、一帯は江戸時代の風情一色。甲冑の試着体験や、子ども忍者への変身、畳のストラップ制作、手裏剣など大人も子どもも楽しめる体験企画も充実させる。江戸時代風の屋台村では甘味やうどんが味わえる。

そのほか、城下町にある旧堀田邸、武家屋敷、佐倉順天堂記念館へ着物で来館した人は入館無料になる特典も。

時間は10―15時。荒天の場合は12日に順延となる。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天下の山城から始まる島根安来紀行

今、山城がブームとなっている。小高い山の頂に苔むした石垣が堅牢に組まれた様は、いにしえの武将の...

水と緑と歴史文化輝き増す滋賀おごと温泉

琵琶湖畔にたたずむ、滋賀県おごと温泉。古くから関西の奥座敷として知られてきたが、近年は温泉地と...

富山県立山黒部の季節到来

立山黒部アルペンルートが4月15日に全線開通して、富山県・立山黒部に春がやってくる。北アルプスを...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ