観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   中国・四国

まちの歴史を物語るスポットを周遊 倉敷市で12月1日から「まちあるきデジタルスタンプラリー」/岡山

21/11/30

岡山県倉敷市は12月1日から、市内周遊を楽しむ「倉敷まちあるきデジタルスタンプラリー」を始める。市中心部に所在する日本遺産構成文化財や旧倉敷市の行政町名を記した旧町名表示柱などを訪ねてまわるもので、倉敷の歴史に触れてもらう。2022年1月31日まで。

スタンプラリーのスポットは倉敷の歴史を物語る13カ所。スマートフォンで専用サイトに登録し、2つのルートのうちいずれかのルート6カ所以上のスタンプを集めると抽選で160人に賞品が当たる。

参加費は無料。各コースの所要時間は1―2時間程度。

倉敷まちあるきマップについて詳しくはhttp://www.city.kurashiki.okayama.jp/kuraaruki/へ。

倉敷まちあるきデジタルスタンプラリー

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ