観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   鉄道ネタ   >   鉄チャンあらしん

久々の夜行と懐かしの再会にホロ酔い サロンカーあさかぜ(1) 寝台だからこその至福の時

かつての寝台特急“復活” 大阪―下関を往復

JR西日本の人気欧風客車「サロンカーなにわ」が大阪―下関を往復しました。9―12月開催の幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーンに合わせて、団体列車「サロンカーあさかぜ」として運行したのです。かつて東京―下関・博多の寝台特急「あさかぜ」を彷ふつさせる名称で、いても立ってもいられず乗ってきました!

サロンカーあさかぜは日本旅行のツアーとして12月1―3日の日程で、往路は夜行です。1日夜の大阪駅3番線ホームは大勢の鉄道ファンと会社帰りの人たちでいっぱい。そんな中、ちょっとした優越感に浸りながら、久しぶりの夜行客車列車に乗り込みました。

定刻の21時47分に発車、缶ビール片手に車窓を眺めていると、夜行列車独特の雰囲気と心地よさにウトウト。深夜の岡山駅、夜明け前の広島・大竹駅、朝日がまぶしい山口・厚東駅では停車時間を利用してホームからサロンカーあさかぜをパチリパチリ。山口・戸田駅―富海駅間では瀬戸内海をオレンジ色に照らす日の出…夜行列車ならではの至福の瞬間です。

(次の記事)久々の夜行と懐かしの再会にホロ酔い サロンカーあさかぜ(2) 下関から山口ローカル線の旅

(あらしん=鉄チャンジャーナリスト)

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽でRestartの旅

三重県鳥羽市が提案する新しい旅のスタイルが「節目旅行」。記念日の際の「祝い旅」に加え、新たな節...

五感で感じろ“世界水準”山の信州

信州アフターDCが7月1日から9月30日まで、長野県内全域で開催される。総合テーマは昨年のDCと...

水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ