観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

幕末を光で表現 大阪城公園で2月25日まで「イルミナージュ」

17/12/26

大阪市中央区の大阪城公園・西の丸庭園内特設会場で、LED電球約300万個を使ったイルミネーションイベント「大阪城イルミナージュ」が開催されている。2月25日まで。

イベントは、1867年(慶応3年)の大政奉還・王政復古の大号令や戊辰戦争の勃発から、2017年と18年が150年にあたり、幕末の雰囲気を偲ばせる風景をLEDイルミネーションで表現している。

巨大扇子や瓢箪のクリスタル提灯、徳川慶喜が大坂城を脱出した際の御座船などがイルミネーションとして登場。飲食ブースでは日本の伝統食を用意し、外国人客を含む来場者に幕末維新に“タイムスリップ”した情緒を味わってもらう。

大阪城イルミナージュ

LEDイルミネーションで表現した
徳川慶喜の「御座船」

イルミネーションの装束を身にまとった花魁道中や光る刀を持った新撰組と忍者によるパフォーマンスも実施しているほか、日本の伝統芸能である猿回しも楽しめる。

また17年4月に大阪城がフランスのブルターニュ大公城と友好城郭提携を結んだことを記念して「ブルターニュ大公城エリア」を設置。フランスの町並みをイメージしたシャンパングラスのモチーフや撮影スポットとして巨大なハートオブジェなどを用意している。

大阪城イルミナージュの営業時間は17―22時(ライトアップは21時30分まで)。入場料金は大人1200円。

旅行会社の予約窓口は旅Tomo(☎06―6195―6623)で、全旅クーポンの発券が可能。同社によると12月上旬で4千人のツアー申し込みがあるという。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界一美しい半島伊豆に春が来る

「世界一美しい半島」というビジョンを掲げ動き出した伊豆半島。2019年4―6月に開催が決まった...

冬は北近畿の季節まんぷく紀行へ

本格的な冬が到来。とくれば、旅の興味は冬の味覚の王者・カニに集中する。京都府・兵庫県北部の北近...

実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ