観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

京都岡崎十石舟が運航スタート 新緑の5月6日まで

18/04/10

京都市左京区の琵琶湖疏水をめぐる「岡崎さくら・わかば回廊十石舟めぐり」。運航は新緑が映える5月6日まで。

今年で7回目を迎える桜回廊のライトアップの点灯式が3月30日に行われた。京都市の岡田憲和副市長はあいさつで「今年は明治維新から150年。京都にとって明治維新は特別な意味がある」と切り出した。江戸に都が移り京都の人口は3分の1に激減したが、先人たちは琵琶湖疎水で事業用の水力発電を起こし市電を走らせる偉業を行ったと説明し「あきらめず努力する姿勢を学びたい」。

岡崎桜回廊十石舟めぐり実行委員会の上原龍男副委員長(京都府旅行業協同組合理事長)は「運航を始めて今年で14年目になる。続けてこられたことに感謝し、これからも安全運航と笑顔のおもてなしでお客様を迎えたい」と話した。

岡崎さくらわかば回廊十石舟めぐり

ライトアップ点灯式で
上原副委員長が意欲

十石舟は乗船客が年々増えて、昨年は44日間の運航で過去最高の2万570人が乗船。外国人観光客も増え、昨年は203件613人が利用した。

京都通のガイドと歩く「十石舟めぐりと京都散策」などを組み合わせた企画も実施し、国内外の乗客増を目指す。

十石舟の乗船料は大人1200円。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ