観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

文化人・光秀が今、茶会を開いたら 福知山城で11月9日に「現代大茶会」/京都

19/10/06

京都府福知山市は11月9日、福知山城本丸広場で「福知山城 現代大茶会」を開く。市ゆかりの戦国武将、明智光秀が現代で茶会を開いたら…をコンセプトに、茶の湯に精通した文化人・光秀の知られざる一面を現代にアピールする。

光秀が主人公の来年の大河ドラマ「麒麟がくる」放映を前に、光秀の魅力を全国に発信しようと同市が展開している「知られざる明智光秀プロジェクト」の一環で企画。プロジェクトとしては、光秀のイメージ調査や福知山城の一日城主などに続く第4弾企画となる。

福知山城

「現代大茶会」が開かれる福知山城

大茶会の主宰は、「明智光秀が築いた城下町 福知山」特別大使である、光秀の子孫とされるラジオパーソナリティーのクリス・ペプラーさんが「城主」として務める。第1部では同市出身のシェフパティシエの水野直己さんが創作した「現代版茶菓子」の披露、裏千家茶道准教授の松村宗亮さんによる地元伝統工芸「丹波漆」の茶碗などを使った市内高校茶道部の生徒へのもてなし、トークなどが催される。

第2部では、来場者100人に水野さんのお茶菓子、松村さんが点てたお茶が振る舞われる。

時間は第1部が11時から、第2部が14時から。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ