観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

要望に応えクリスマス期にナイト便運航 琵琶湖汽船、12月19、20日に「ウィンターナイトクルーズ」/滋賀

20/11/18

琵琶湖上で観光船を運航する琵琶湖汽船(滋賀県大津市)は12月19、20日、客船「ビアンカ」による「ウィンターナイトクルーズ」を運航する。今年度はコロナ禍の影響でナイト便全便の運航を見送っていたが、要望の多さからクリスマスシーズンにあわせた運航を決定。感染防止策として乗船人数を抑制で、琵琶湖最大級の大きさの客船を用いて実施する。

船内では、クリスマス装飾が施されたなか、冬の琵琶湖の夜景を眺めながら、近江牛の赤ワイン煮込みをはじめとするコース料理が味わうというロマンティックな時間を提供する。大津港発着で時間は18時30分―20時30分。

ビアンカ

夜の「ビアンカ」

料金は乗船料、料理込みで大人1人1万2千円。小学生は乗船料とミニコース料理込みで5千円。定員は60人程度。「カップルプラン」や早期予約特典も用意している。

事前予約制。予約・問い合わせは同社予約センター 電話077―524―5000。ウェブサイト(https://reserve.biwakokisen.co.jp/)からも受け付ける。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ