観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

九州国立博物館、6月2日から開館 特集展示は“動物園”と「筑紫の神と仏」/福岡

20/05/29

福岡県太宰府市の九州国立博物館は緊急事態宣言が解除されたことを受け、6月2日から開館する。新型コロナウイルス感染拡大の影響で2月27日から休館していた。

再開館後の特集展示は、「きゅーはく どうぶつえん」を7月12日まで、開館15周年記念「筑紫の神と仏」を8月30日まで開催する。

「きゅーはく どうぶつえん」は、埴輪や皿、掛け軸など動物をモチーフにした文化財を展示。古くからの動物と人間の関わりに子どもか大人まで親しんでもらう。

埴輪馬

埴輪馬
伝茨城県真鍋古墳群出土 古墳時代・6世紀
九州国立博物館

「筑紫の神と仏」は、同館開館以来実施してきた大宰府学研究事業の成果を発信するもの。出土品や寺社に伝わる文化財から、古墳時代からの神祇祭祀や仏教の信仰の実態に迫る。観世音寺の国宝、 梵鐘も展示する。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ