観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

比叡山×「戦国BASARA」デジタルスタンプラリー、4月29日から 伝教大師1200年大遠忌報恩など節目に企画/滋賀・京都

21/04/17

滋賀県大津市の比叡山三者協議会は4月29日から、比叡山をはじめとする滋賀・京都の寺社や観光スポットをめぐるデジタルスタンプラリーを開く。伝教大師最澄の1200年大遠忌報恩と元亀の兵乱から450年という節目に、ゲームメーカー・カプコンの人気ゲーム「戦国BASARA」とコラボレーション。戦国武将のゲームキャラと地域の魅力を求めて滋賀・京都を周遊してもらう。

スタンプラリースポットはエリア内18カ所に設置。そのうち比叡山延暦寺の東塔・西塔・横川中堂の3カ所は必須ポイント、そのほかにも平安神宮や北野天満宮、おごと温泉観光公園がスポットになっており、スポットには戦国BASARAの人気武将の巨大パネルが設置される。

集めたスタンプ数に応じて「比叡山×戦国BASARA」コラボレーションノベルティグッズがもらえる。千社札シールセットや墨絵クリアファイル、伊達政宗・真田幸村コラボレーション抗菌マスク、京扇子職人が作る墨絵扇子が用意されている。

期間は12月5日まで。

比叡山戦国BASARAデジタルスタンプラリー

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ