観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   九州・沖縄

SL走った100年前を再現 JR人吉駅で11月12日に「ノスタルジック人吉」/熊本

17/10/16

熊本県人吉市で11月12日、JR人吉駅前広場を舞台にしたイベント「ノスタルジック人吉」が開かれる。肥薩線にSLが走っていたころ、100年前の風景が現代に蘇り、タイムスリップの旅に来訪者を誘う。

毎年開かれているこの時期の恒例行事。地元・人吉温泉女将の会「さくら会」のメンバーらが100年前をイメージした衣装に身を包み、人吉駅発着の列車の出迎えや見送りを行う。

駅前広場では100年前当時をイメージした催しを実施。明治時代風のカフェ「さくらカフェ」 や、バイオリンや三味線などの演奏、建築踊り、ひょっとこ踊りの披露、人力車、コマ回しなどでレトロな世界を演出する。JRの帰りのきっぷの提示か着物姿の参加で抽選会にも参加できる。

JR九州では肥薩線を走る「D&S列車」の客室乗務員が「ハイカラさん」などの大正時代の衣装で乗務。人吉駅では肥薩線にSLが走っていた大正初期の写真展示する「あの頃写真展」、オリジナル弁当の販売などの企画を用意している。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ