観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

戦国とものづくりの国へ 愛知、岐阜両県めぐるスタンプラリー開催

愛知県と岐阜県、両県の観光連盟・協会などでつくる愛知・岐阜広域観光推進協議会は7月13日、両県の観光の中心要素「戦国」と「ものづくり」関連施設をめぐる「あいちとぎふ 見にトリップ×戦トリップ(産業・武将観光)スタンプラリー」を始める。来年2月末まで。

両県には戦国三英傑をはじめ戦国武将ゆかりの史跡・施設、伝統工芸から自動車、航空宇宙産業など産業観光施設が集積。これら愛知・岐阜の歴史と文化を体感してもらおうと、今回のスタンプラリーを企画した。昨年も実施し、継続的に展開することで定着を目指す。

スタンプラリーは、「見にトリップ×戦トリップ」パンフレットに掲載された、愛知県71施設、岐阜県73施設、合計144施設のうち、スタンプラリー対象施設である愛知県65施設、岐阜県58施設、合計123施設のなかから2カ所以上巡ってスタンプを集めて応募すると、両県の特産品が抽選で当たる。

条件は各県それぞれ1つ以上のスタンプが集めること。スタンプ8個のゴールドコースは1万円相当、スタンプ4個のシルバーコースは3千円相当、スタンプ2個のブロンズコースは1千円相当の特産品が、キッズ賞はスタンプ2個で1千円相当の乗り物関連グッズが当たる。応募締切は第1期が10月7日、第2期が来年3月9日。

スタンプラリーの詳細は公式サイト(http://www.miniiku-trip.jp)へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ