観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   東海・北信越

松本・塩尻から中山道木曽路奈良井宿へ アルピコ交通と塩尻市観光協会、4月29日から定期観光バス運行/長野

長野県でバス事業を展開するアルピコ交通(本社・長野県松本市)と塩尻市観光協会は4月29日から、定期観光バス「中山道 木曽路 奈良井宿まち歩き・鳥居峠トレッキング」を運行する。同社グループの100周年記念事業の一環で、松本・塩尻エリアの観光需要拡大に向け両者が連携。中山道木曽路観光へ便利なバスを走らせる。

バスは松本駅、塩尻駅から乗り継ぎなしで中山道木曽路の観光スポットへ便利なアクセスを可能に。当日の乗車も可能で急な旅程変更にも対応する。五平餅作りやひのき箸作りなどのオプションも用意し、木曽路観光をじっくり楽しめる。

運行区間は松本市のホテルブエナビスタ、松本バスターミナル、JR塩尻駅東口から奈良井宿を結び、鳥居峠トレッキング、福島宿・奈良井宿散策、福島宿散策・木曽工芸館、奈良井宿散策といったモデルコースをそれぞれ楽しみ、復路へ向かう。

鳥居峠

鳥居峠を歩く

運行日は4月29日―5月5日、6月26日―7月4日の毎日と、7月17日―11月7日の土日曜、9月20日。10月3日は運休。

料金は大人4千円、子ども2千円。オプションは別途必要。

予約など詳しくはhttps://www.alpico.co.jp/traffic/news/115/へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ