観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

ラグビーの聖地擁する東大阪で「体感まち博」 9―11月に57の体験プログラム/大阪

19/07/04

一般社団法人東大阪ツーリズム振興機構は9月13日―11月4日、 東大阪市内全域を会場に、体験型観光イベント「ひがしおおさか体感まち博2019」を開く。

ラグビーワールドカップ日本大会で花園ラグビー場を擁する同市ではラグビー観戦に加え観光も楽しんでもらおうと同博を企画。昨年秋には実証実験としてプレ版も開いていた。

本開催となる今回は、同市の地域資源を生かし「グルメ」「歴史・文化・伝統」「ものづくり」「スポーツ・アクティビティ」の4分野、57の体験プログラムを設定して魅力を発信する。

ひがしおおさか体感まち博

「ひがしおおさか体感まち博」のロゴ

「グルメ」は、世界5カ国のコーヒー飲み比べとハンドドリップ抽出教室、女性限定の酒屋での“角打ち”企画。「歴史・文化・伝統」は、紙すきによる和紙はがきづくり体験、生駒山麓での滝行体験。「ものづくり」はロボットの組立ワークショップ、巨大ねじ倉庫見学ツアーといった、町工場が集積する東大阪らしい企画が並ぶ。

「スポーツ・アクティビティ」は、ラグビーチーム「近鉄ライナーズ」とサッカーチーム「FC大阪」の選手とのプレーなど貴重な体験を用意した。

参加費はプログラムによって異なる。申し込みは8月1日から。詳しくはhttp://hta.deci.jp/machihaku2019へ。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ