観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関東

日本各地の食と祭りが集結 「ふるさと祭り東京」、20年1月10―19日に開催

19/10/18

東京都文京区の東京ドームで2020年1月10―19日、日本各地の祭りや食が集う「ふるさと祭り東京2020―日本のまつり・故郷の味」が開かれる。今回で12回目となる日本各地の“魅力の博覧会”的恒例イベントで、42万人の来場を見込んでいる。

来場者にとって特に“熱い”食のコーナー。11回目を迎える「全国ご当地どんぶり選手権」は、10月26―27日の「ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西」で開かれる予選会を勝ち抜いた全国11のどんぶりが、前年上位入賞の3どんぶりとともにナンバー1を目指す。シードの3どんぶりは「のどぐろ丼」(島根県)、「志布志発 かごしま黒豚三昧」(鹿児島県)、「十勝牛とろ丼」(北海道)。

また、各地のご当地グルメが集う「にぎわい市」には300超もの料理が集結。18―21時は「スペシャルナイトイベント」としてご当地の逸品や100種類以上の地酒・地ビールなども味わえる。

そのほか、「ふるさとパン祭り」「ご当地スイーツマルシェ」「イケ麺スタンプラリー」「ザ・北海食道」なども。

一方、祭りは「お祭りひろば」で、「青森ねぶた祭」や愛媛県の「新居浜太鼓祭り」、「秋田竿燈まつり」、青森県の「黒石よされ」、京都府の「福知山おどり」、高知県の「高知よさこい祭り」、「沖縄全島エイサーまつり」など、期間中20超のまつりが登場し、会場を盛り上げる。

ふるさと祭り東京

昨年の開催の様子。皆で踊る

時間は10―21時。19日は18時まで。

入場料は当日券1800円、前売券1600円、特別観覧席付前売入場券2200円。平日限定あり。チケット販売は各プレイガイド、コンビニなどで。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ