観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

SL北びわこ号が帰ってくる! 京都鉄道博物館、9月30日−10月5日に特別企画/京都

21/09/10

5月に運行終了が発表された北陸本線のイベント列車「SL北びわこ号」が帰ってくる。京都鉄道博物館(京都市下京区)に9月30日−10月5日の6日間限定で「SLスチーム号」が登場。客車を12系客車2両に変更し、日替わりでSL北びわこ号のヘッドマークを付けて運行する。「もう一度会いたい」というファンの声に応えた特別企画だ。

運行時間は11−16時、30−60分に1本運行 。乗車料金は大人300円、子ども100円。

SL北びわこ号のヘッドマークは9月30日が「春」、10月1日が「夏」、10月2日が「秋」、10月3日がSL北びわこ号ヘッドマークコンテスト最優秀賞・優秀賞入賞作品、10月4日が「冬」。10月5日はヘッドマークの取り付けはなし。

SL北びわこ号

米原―木ノ本を走ったSL北びわこ号

また、同館は今年開館5周年を迎え、記念イベントを設定。そのうちのひとつとして「SL北びわこ号復活&5周年記念グッズ付き入館券」を販売する。「春夏秋冬」のヘッドマーク4種をモチーフにしたマグネット、開館5周年記念ヘッドマーク2種の6種を1セットにした。10月1日から500枚限定で体験予約サイト「アソビュー!」で販売。

5周年記念イベントは、10月16日に記念セレモニーや音楽ライブなど、10月1日から多彩な企画を催す。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ