観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

SL北びわこ号が帰ってくる! 京都鉄道博物館、9月30日−10月5日に特別企画/京都

21/09/10

5月に運行終了が発表された北陸本線のイベント列車「SL北びわこ号」が帰ってくる。京都鉄道博物館(京都市下京区)に9月30日−10月5日の6日間限定で「SLスチーム号」が登場。客車を12系客車2両に変更し、日替わりでSL北びわこ号のヘッドマークを付けて運行する。「もう一度会いたい」というファンの声に応えた特別企画だ。

運行時間は11−16時、30−60分に1本運行 。乗車料金は大人300円、子ども100円。

SL北びわこ号のヘッドマークは9月30日が「春」、10月1日が「夏」、10月2日が「秋」、10月3日がSL北びわこ号ヘッドマークコンテスト最優秀賞・優秀賞入賞作品、10月4日が「冬」。10月5日はヘッドマークの取り付けはなし。

SL北びわこ号

米原―木ノ本を走ったSL北びわこ号

また、同館は今年開館5周年を迎え、記念イベントを設定。そのうちのひとつとして「SL北びわこ号復活&5周年記念グッズ付き入館券」を販売する。「春夏秋冬」のヘッドマーク4種をモチーフにしたマグネット、開館5周年記念ヘッドマーク2種の6種を1セットにした。10月1日から500枚限定で体験予約サイト「アソビュー!」で販売。

5周年記念イベントは、10月16日に記念セレモニーや音楽ライブなど、10月1日から多彩な企画を催す。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ