観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

交通事業者連携で京都市観光を提案 「京の冬の旅」でデジタルスタンプラリー、22年1月8日から

21/12/10

京都市で2022年1―3月に開かれる観光キャンペーン「京の冬の旅」にあわせ、デジタルスタンプラリーが22年1月8日―3月18日に実施される。JR西日本をはじめ鉄道やバス事業者が連携して、同社のMaaSアプリ「WESTER」を活用した京都周遊を提案する。

デジタルスタンプラリーにはJR西日本のほか、京阪、阪急、京都市、京都市観光協会らが参画。関西の交通事業者が連携、官民一体でMaaSアプリとAI技術の活用で観光提案や便利な周遊を提供する。

ラリーへの参加は「WESTER」から。「京の冬の旅」デジタルスタンプラリーに登録し、アンケートに答えるとその内容に応じてスポット3カ所が提案される。そこをめぐってスタンプを集めると抽選でTHE THOUSAND KYOTOペアランチや阪急阪神第一ホテルグループ共通利用券などの賞品が当たる。

アプリ画面上でICカード「ICOCA」か「PiTaPa」の番号を登録▽京都総合観光案内所「京なび」で新幹線ネット予約サービス「エクスプレス予約」「スマートEX」利用で乗車時に自動改札機で発行される「EXご利用票」を提示し、電子スタンプの押印を受けた場合―は当選確率が上がる。

また、スタンプラリー参加者には、沿線の店舗などで使える優待クーポンをアプリ内で発行する。

京の冬の旅

「京の冬の旅」ビジュアルイメージ

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ