観光業界専門紙「トラベルニュースat」が旅の最新情報をご紹介
ホーム   >   旅行情報   >   関西

4年ぶりの「神戸ルミナリエ」 冬の風物詩、24年1月19―28日に開催/兵庫

23/11/28

神戸の冬に「ルミナリエ」が帰ってくる。4年ぶりの開催となる今回は2024年1月19―28日、旧居留地や東遊園地に加えメリケンパークにも作品が登場。神戸の冬の名物の復活で多くの来場が予想される。

「神戸ルミナリエ」は阪神・淡路大震災が発生した1995年に始まり、今回で29回目。ダニエル・モンテベルデさんが「神戸、未来に輝く光」をテーマに、旧外国人居留地や東遊園地、メリケンパークに作品を展開し、例年以上に来場者の集中を軽減して回遊性を高めて実施する。

東遊園地では幅39メートル、最高部の高さ19メートルの光の壁掛け「スパッリエーラ」を設置。南側園地には光の聖堂「カッサアルモニカ」を音楽のステージとして小作品を配置する。

旧外国人居留地では、三井住友銀行神戸本部ビル前広場の囲う光の看板作品、ツリー状の作品を展示。メリケンパークでは緑地通路に全長70メートルの光の回廊、入口には玄関作品「フロントーネ」を設置する。

神戸ルミナリエ

点灯時間は薄暮から21時30分まで。有料エリアのチケットは前売500円、団体400円、当日1千円。

この記事をシェアする
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

購読申し込み
夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ